TOP > PCR工法の特徴

PCR工法の特徴

1. 上部路面の変状がない
1). PCR桁の推進は、桁の先端に同一断面の刃口を装着して刃口内部の土砂を掘削するため、周囲の地盤を乱さずに施工が可能で、上部の路面や線路などの沈下を押さえることが出来ます。
2). PCR桁の上面にはフリクションカットの薄鉄板を用いるため土砂の連行がありません。
3). PCR桁の置換え推進を採用することで、礫・玉石・支障物などにも十分な対応が出来、より高い推進精度が得られます。
2. 十分な品質管理
1). PCR桁は、工場で十分な品質管理のもとで製作されるので、高品質と信頼性が保証されます。
2). PCR工法による構造物は、主要材料が高強度コンクリートなので、耐腐食性・耐久性に優れています。
3. 工事費の節減・工期の短縮
1). PCR工法は道路や線路下の地中に、PCR桁で構成した断面をそのまま本体構造物とするので、仮設・仮受などの付帯工程の省略が図れる、省エネ工法です。
2). 土被りを小さく出来るので、アプローチを含めた全体工事費の節減・工期の短縮、さらに保守費の軽減が可能な経済工法です。
3). ラーメン形式では上・下部構造が一体の、支承・落下防止装置などが不用な鉄筋コンクリートのボックス構造なので、さらに施工性・経済性の向上が図れます。
4. エレメントで覆ってから安心掘削
1). PCR工法は、地中に本体構造物を構築したのち、トンネル内部の土砂を迅速に機械掘削が可能な安全工法です。
5. 保安度の高い確実な施工
1). 推進からトンネル内部の掘削までの一連の作業は機械化、省力化され、より保安度の高い確実な施工が期待出来ます。

TOPURT工法PCR工法協会概要お問い合わせ