URT工法 構造形式URT工法の特徴
構造形式構造形式
下路桁形式下路桁形式
トンネル形式トンネル形式
PCボックス形式PCボックス形式
施工例・施工実績施工例・施工実績
下路桁形式下路桁形式
トンネル形式トンネル形式
PCボックス形式PCボックス形式
URT工法施工実績表URT工法施工実績表

PCボックス形式 施工順序

1:立坑1次構築

  • 施工ヤードの整地
  • 鋼矢板の圧入
  • 薬注工
  • ウェルポイント工
  • 立坑1次掘削工
  • アースアンカー・タイロッド工
  • 捨てコンクリート工

2:上床エレメント推進

  • H型鋼定盤設置
  • 反力部材設置
  • 推進機設置
  • 上床エレメント推進

3:立坑2次構築

  • 立坑2~4次掘削
  • アースアンカー施工
  • タイロッド工
  • 捨てコンクリート工

4:鉛直部エレメント推進

  • 反力壁設置
  • 昇降架台・推進機設置
  • 立壁エレメント推進
  • 立壁エレメント推進
  • ベースエレメント人力掘削推進

5:PC鋼材挿入・コンクリート注入

  • エレメントにPCケーブルを挿入
  • 緊張作業用以外のエレメントに仕切板の取付け
  • エレメント内、継手部へ高流動コンクリートを注入

6:PC鋼材緊張

  • PCケーブルを緊張
  • 緊張作業用以外のエレメントに仕切板の取付け
  • 作業用エレメント内に発砲モルタル、ベースエレメント内に高流動コンクリートを注入する。

7:エレメント端部コンクリート工

  • 端部RC補強部材の構築

8:トンネル内掘削アンダーパスの完成

  • 歩道側トンネル内部を掘削
  • 切梁を設置
  • 底盤の構築
  • 1.2.3.を②③の順に繰り返す
  • 機材の搬出・後付け
Copyright ©2019 Under Railway / Road Tunnelling Method Associating Co.,Ltd All Rights Reserved.