URT工法 構造形式URT工法の特徴
構造形式構造形式
下路桁形式下路桁形式
トンネル形式トンネル形式
PCボックス形式PCボックス形式
施工例・施工実績施工例・施工実績
下路桁形式下路桁形式
トンネル形式トンネル形式
PCボックス形式PCボックス形式
URT工法施工実績表URT工法施工実績表

下路桁形式 施工順序

1,立坑構築

線路・道路の両側に立坑を構築する。内空間を確保するためアースアンカーによる山留め支持が一般的。

2,上床エレメントの推進

一本ごとに推進しながら構築する。現場溶接によるエレメントのつぎたしは行わないのが一般的。

3,側壁エレメントの推進

2次掘削により、立坑を深くして側壁エレメントを推進する。

4,コンクリート注入

エレメント内部にコンクリートをポンプ車で充填する。

5,横台構築

側壁エレメントの端部をつなぐU型橋台を構築。水平部はフーチングの役割を受け持つ。

6,主桁構築

上床エレメントの端部をつなぐ主桁を構築。主桁はゴム支承を介して橋台に載る。

7,内部堀削

バックホウなどを使用して一気に掘削する。

8,内部仕上げ

路面舗装、側壁、天井の化粧仕上げを行って完成。

完成
Copyright ©2019 Under Railway / Road Tunnelling Method Associating Co.,Ltd All Rights Reserved.